八千代市予防接種情報提供サービス

子宮頸がん予防(ヒトパピローマウィルス感染症)

ワクチンには,ヒトパピローマウイルス(HPV)の成分が含まれているため,接種することで免疫を作ることができ,HPVの感染を防ぐことができます。
子宮頸がん予防ワクチンは,子宮頸がん全体の50~70%の原因とされる2種類(16型・18型)のヒトパピローマウイルス(HPV)に予防効果があります。
対象者: 小学校6年生(12歳相当)~高校1年生(16歳相当)の女子 (標準的な接種年齢は中学1年生)
接種回数:3回
*現在、ヒトパピローマウィルス感染症予防接種については積極的なお勧めはしておりません。≫詳細はこちら
≪戻る