八千代市予防接種情報提供サービス

小児肺炎球菌感染症

肺炎球菌は,子どもの多くが鼻の奥に保菌していて,ときに細菌性髄膜炎,菌血症,肺炎,副鼻腔炎,中耳炎といった病気を引き起こします。肺炎球菌の細菌性髄膜炎は,ヒブ(インフルエンザ菌b型)による髄膜炎より発症頻度は低いですが,重症化します。

対象者:生後2か月~5歳未満
接種間隔・回数:生後2か月~7か月未満の間に,27日以上の間隔をあけて,標準的には生後1歳未満に3回接種。3回目の接種から60日以上あけて1歳~1歳3か月の間に追加接種を1回。ただし,初回接種開始年齢によって接種回数が異なります。 
  ■生後7か月~1歳未満で始めた場合   3回
  ■生後1歳~2歳未満で始めた場合    2回 
  ■生後2歳~5歳未満で始めた場合    1回
≪戻る