八千代市予防接種情報提供サービス

麻しん風しん混合 (MR)

麻しん:麻しんウイルスの空気感染によっておこる病気です。感染力が強く予防接種を受けないと,多くの人がかかる病気です。発熱、せき、鼻水、めやに、発しんが主症状。最初3~4日間は38℃前後の熱で,一時おさまりかけたと思うとまた39~40℃の高熱と発しんが出てきます。高熱は3~4日でさがり,次第に発しんも消失します。
風しん:風しんウイルスの飛沫感染によっておこる病気です。潜伏期間は2~3週間です。軽いかぜ症状ではじまり,発しん,発熱,後頸部リンパ節腫脹などが主症状です。そのほか眼球結膜の充血もみられます。

対象者:1期/1歳~2歳未満 2期/小学校就学前の1年間
接種回数:各1回


≪戻る